fbpx
Slider
13時間の放課後時間
グローバルスキル
習得する方法を

知りたくありませんか?

子供たちが小学校で過ごす時間は
1200時間/年であるのに対し、
放課後時間はなんと

1600時間/年あると言われてます。

放課後時間の過ごし方が‥
”子供の将来を左右する”
といっても過言ではありません。

だからFlyNexiaでは、
放課後時間1600時間
グローバルスキル習得
にあてることで、
AI・IOT時代に活躍できる
次世代の
リーダー育成
を目指しています。

確実英語力
身に着けるために必要な時間は

おおよそ2000時間
と言われています。
1回の英会話の場合だと
40年を要しますが‥
FlyNexiaでは
4年間
達成
することが可能です。
これはアメリカの小学2年生の
英語レベルに相当します。
なぜ「英語」
「プログラミング」
AI・IOTが進化する
今の子供たちにとって
最低限必要
グローバルスキル
なのか?

アメリカ デューク大学の研究者
『未来の職業についての予測』

2011年度にアメリカの
小学校に入学した子供の
65
彼らが大学卒業時に
今存在していない職業に就く。
コンピューターが
人間の肩代わりをすることで
人間には音楽やスポーツといった

クリエイティブ仕事
低賃金肉体労働しか残らない。

中国IT大手「テンセント」と
求人サイト「BOSS」の共同発表

『2017グローバル人工知能人材白書』

2030年には世界規模
100万人のエンジニア
不足してしまう。

つまり 「英語」
「プログラミング」
グローバルスキル
習得することで
子供たちの
将来可能性
(選択肢)を広げられる!

子供たちの将来の
キャリア構築の観点から
FlyNexia英語」
プログラミング」
同時学習カリキュラム
構築しました。

しかし、英語とプログラミングは
あくまでツールと考えています。

大事なのは、
これらのツールの勉強を通して

将来どんな職業においても
普遍的に必要とされる

論理的思考力 
問題解決能力 
創造性
を養うことにあります。

次世代のリーダー育成を目指す
Flynexiaカリキュラム

⒈ 英語 + STEM教育

アメリカ義務教育
用いられる教材と
評価システムを使用し

「読む・聴く・書く・話す」
大技能
バランスよく向上
させるとともに、
教材に含まれる
STEM教育
《サイエンス/テクノロジー/エンジニア/数学》
を同時に学ぶことができます。
⒉ スクラッチ プログラミング
+ ロボット プログラミング

アメリカ
プログラミング教育
推奨されている
スクラッチ(Scratch)
ロボット教材の
mBlock

組み合わせたレッスンを行います。

WEB上のゲームやデジタル絵本の
作成方法を習得する一方で

駆動系のプログラミングも
同時に学ぶことができます。
スクラッチmBlock
同時学ぶメリット!

スクラッチはもちろんですが、mBlockのプログラミング言語も
「Scratch2.0」を使用します。

つまり、同じ言語でスクラッチも
mBlockも操作できる
ため、
スクラッチの授業で学んだことは
ほぼそのままmBlockの授業でも
活かすことができます。

ソフトの違いによる
操作の違いなど

無駄な手順を
覚える必要がありません。

また、同じプログラムでも
スクラッチはウェブ
mBlockはロボットへの
プログラミングになるため、
ウェブ上でも実社会でも
当たり前のものが
「同じプログラミングによって
作られているんだ!」
という事を知るきっかけになり、
子供の探究心、知的好奇心、
想像力を刺激します。

プログラミングを学ぶ
つの利点

❶ 基礎力が上がる!

2020年に小学校で
プログラミング教育必修化が
始まりますが
プログラミングの
科目ができるわけではなく、
既存の教科にプログラミングが
取り入れられる形になります。

ということは、逆に考えると‥
プログラミングには
様々な教科の要素が含まれている

ということになります。

実際にスクラッチの画面を見ると
様々な教科の要素が
含まれています。
子供たちは
プログラミングを学びながら、
同時に
様々な基礎力を
自然に上げる
ことができます。
例えば、
何か人にお願い事をする時でも
プログラミングの文法を
身につけていれば、
より的確なアプローチが
可能になります。
プログラミングを学ぶ
つの利点

❷ 問題解決能力育成!

学校で習う算数の問題は
実際には起こりえない場面設定
のものもあり、
子供にとっては現実味が薄い
という所にあります。
答えが本当に正しいのかを
身をもって実感できないけど、
なんとなく先生の答えが
正しいと信じて授業が終わる
こともあるかと思います。
それに比べ、プログラミングでは
自分が作ったプログラミングが
本当に正しいのか、
自分の思い通りに動いているか
どうかが瞬時に実感できます。
たとえ答えが間違っていても
「どうすれば正しくなるか?」

と試行錯誤をして
挑戦していくことで

問題解決能力を育てる
ことができます。
プログラミングを学ぶ
つの利点

❸ ものの見方変わる!

プログラミングを学ぶと、
私たちの生きている

社会がいかに
プログラミングによって
成立しているかが分かる

ようになります。
例えば赤信号で止まっていても、
プログラミングを学ぶ前は

「早く青にならないかなぁ」
と思っていたのに対し
「最初は青で〇〇秒たったら
青が〇〇秒点滅して‥
そのあと〇〇秒間赤になる
プログラムでできているかなぁ」

などとプログラミング的に
解釈することも可能になります。
そうすると
社会の様々なものの仕組みに興味
が湧いてきて
「見るもの」「感じるもの」
全てが興味の対象となり、
自分で様々なことを
積極的に調べるようになります。

⒊ 英語 + エンタメ 《月曜日》

ジャニーズ事務所
にも指導を行う
プロダンサー Flava氏の
ダンスレッスンは、
クールかつオシャレ
子供たちが

夢中になること間違いなし!

⒋ 英語 + 職業体験 《水曜日》

病院、ホテル、プログラマーなど
年間12テーマ
職業体験を予定しています。
「仕事って何?」
「働くってどういうこと?」

素朴な疑問から社会の仕組みの
理解に繋がる機会とすることで
将来自分の

好きな仕事発見に繋がる
一助になればと願っています。 

⒌ 英語 + ITデザイン 《木曜日》

ITツールを使いこなしながら
バナー、建物、ファッションなどの
様々な
デザイン楽しく
学びます。
実際に手を動かして
「想像して創造する」
楽しさ
体感
していただきます。
FlyNexiaで過ごす
放課後時間

《 Afterschool Course 》

Afterschool Course 
レッスン風景

Afterschool Course 
イベント風景

次世代のリーダー育成のための
Flynexia世界基準メソッド

ここが違う!! 英語レベル別のクラス編成

無学年の一斉保育
子供たちの英語レベルを
効率良く向上させることは
困難です。

FlyNexiaでは
アメリカの義務教育で使用される

「評価システム」
を用いてクラス別けを行い
子供たちにとって
過不足の無いペースで

英語力向上を図れる
非常に効率的効果的
体制を整えています。

ここが違う!! 国際基準 IBの探求プログラム

近年日本でも
IB教育への取り組みが
急速に進んでいます。

文部科学省
2018年度末までに
IB認定校を31校から
200校に増やす計画です。

FlyNexia
英語の全カリキュラムに導入
しているため、
将来海外国内の

IB認定校への入学など
選択肢広がります!

ここが違う!! 英語×プログラミングの二刀流

オバマ前米国大統領
「子供を
億万長者にさせたいなら
プログラミングをやらせよう」
とアメリカ国民に訴えました。

FlyNexiaでも
Scratchやロボットをベースにした

「プログラミング
英語二刀流」
創造性豊かな人材育成
を目指しています。

次世代のリーダー育成のための
Flynexiaキッズコース

FlyNexia
こだわりポイント!

バイリンガル育成に要する時間を
英会話学校の
 
1/10 に短縮可能!

子供たち自ら英語を好きになる
“仕掛け”が豊富!

学ぶ環境

各種イベント
《 サマーキャンプ、スプリングスクール など 

週末シアター

プログラミングレッスン

ダンス

働く忙しいママへの
安心サポート

こんなお悩みありませんか?

▶︎ ただ預けるだけ、遊ぶだけ
の学童施設には満足できない!
▶︎ 平日は働いており、習い事の
送迎ができない!

▶︎ 週1回の英会話やオンライン英会話だと…なかなか英語をしゃべれるようにならない!

▶︎ 平日は子供を預けながら自分のスキルアップも図りたい!
その分、
週末は家族とゆっくり過ごしたい!
FlyNexiaなら
すべて解決します!

多くの保護者様から
お喜びの声
いただいております

働いている身として今FlyNexiaは、欠かせない存在となっています。

中央区在住の小学1年生の保護者様より

近辺のさまざまな学童を見学したのですが、FlyNexiaの方針やカリキュラムは一番視座が高くて、英語とプログラミングのほかにも内容が豊富で一流の先生が担当されていることが決め手となりました。

実際英語0の状態で子供が通っていて、最初は緊張感の毎日でしたけど、今いきいき通っていて、今家でも英語がでているので、親としてうれしいと思います。

プログラミングは今後必須科目になるので、本人もゲームをつくることを楽しんでいて、一石二鳥の良さを感じています。

また、SNSをつかってコミュニケーションをとれたり、バスで最寄りの駅まで送ってくれるので、働いている身として今FlyNexiaは欠かせない存在となっています。

※個人の感想であり効果を保証するものではありません。

2、3ケ月ですが自分からHelloと声をかけるほど、英会話を楽しんでます。

中央区在住の小学1年生の保護者様より

わが家の弟はインターに通ってます。お兄ちゃんは保育園でした。兄弟で英語に触れられる場所を探している時にFlyNexiaがopenしました。

以前お兄ちゃんも英語を習い事で週1回通いましたが、インターに通う弟の力のつき方は全く違いました。

そこで英語は習うより、英語が飛び交う中に浸かり慣れる事が大切と感じました。

少しの単語しか知らないお兄ちゃんがFlyNexiaに通い、まだ2、3ケ月ですが自分からHelloと声をかけるほど、英会話を楽しんでます。

※個人の感想であり効果を保証するものではありません。

「単純に英語の語学能力を学ばす」事を主眼としたバイリンガルアフタースクールと大きく異なる

中央区在住の小学3年生の保護者様より

将来日本語のみで成り立つ仕事は少なくなるだろうという個人的な考えもあり、授業以外も全て英語で行う「EOP(English Only Program)」という確固たる方針を掲げている事は安心であり、魅力的でした。

仕事でAIや日本の教育制度などに関わっている事もあり、将来的に子供が将来直面する環境(AIの普及、ビジネスにおける外国語化など)を想定した創業理念や着想に深く共感しました。

立ち上げ間もない時期に入学させて頂きましたが、諸々柔軟に対応頂き満足しています。カリキュラムも各曜日でバランス良く組まれており、1つのスクールでは提供が難しい多様なプログラムは、子供にとっても魅力的だった様です。

春休みなど、学校の長期休暇でも、子供の好奇心を育むプログラムがスタッフの方々によって練られており、「単純に英語の語学能力を学ばす」事を主眼としたバイリンガルアフタースクールと大きく異なると思います。

生活の中で子供自身が自発的に英語を話す事が増え、英語そのものへの興味心が強くなったようです。突然に英語で話しかけても、子供が理解している英語で話してくれ、「○○を英語でどう表現するのか?」という知的好奇心や、「何とか英語で伝えよう」というマインドセットが強くなったと思います。

また、日々のプログラミングやダンスなどを通じて、学校で習う事以外への興味や海外への興味を強く抱く様になり、自分で洋楽を探したり、習ったダンスを披露してくれます。

※個人の感想であり効果を保証するものではありません。

さらに!!
働くママを応援する
つの安心サポート

⒈ 無料送迎バス

忙しいママでも大丈夫!
小学校からピックアップして帰りはご自宅近くまで送り届けます。
特に「無料送迎サービス」は、共働き世代に大好評です。

⒉ 延長保育と食事サービス

急な残業でも大丈夫!
お子様の英語力・創造性を養いながらお仕事に集中いただけます。
延長保育の場合でもご帰宅時間に合わせた送迎が可能です。

⒊ ラインで毎日の授業の様子を配信

初めての学童でも大丈夫!
レッスンの様子を写真や動画で毎日配信します。
安心してお子様を通わせることができ、家族みんなで楽しめます。

⒋ 長期休暇中の午前中保育

学校の長期休暇
(夏休みなど)でも大丈夫!

午前中にシーズンズスクールを開催しています。
子供たちが楽しんで学べるAll English環境のイベントが盛り沢山。

⒌ 週末シアター

週末は夫婦でゆっくり!
スタッフが自信を持ってお勧めする選りすぐりの映画を、
子供たちが鑑賞している間に「ご夫婦の時間を満喫」ください。

料金一覧
まずは無料レッスン」
お会いしましょう!