fbpx

江東区立豊洲西小学校にてプログラミング体験授業

LRG_DSC02239 2
Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest

江東区立豊洲西小学校でプログラミング体験授業

先日、江東区立豊洲西小学校の5年生74名にプログラミング体験授業を行ってきました。

体験授業の様子

今回は45分の授業ということで、Scratch を使って順次や繰り返し、条件分岐を学んでもらいました。

そもそもプログラミングってなんだろう??

みんなに聞くと、、、ぽか〜ん。

なんとなくは分かるけど、言葉で説明するのは少し難しかったかな?!

プログラミングとは

「実際にみんなの身近な信号やペッパー君、ゲームはプログラミング 言語(コンピュータが分かる言葉)で動いているんだよ!!」

こんな感じで授業がスタートした今回の体験授業!!

ゲームをクリアしながら繰り返しブロック、条件分岐ブロックを勉強しました。

みんなとっても真剣な様子。

さすがは五年生!!
マウスの使い方も、理解度もバッチリでした。

プログラミングの先生も真剣

最後に子供達からとっても嬉しい感想がたくさん!!

「もっとやりたい」「プログラミングってこういうことなのか」「上手にできて嬉しかった」「順次や条件分岐が理解できた」

などなど沢山の感想をもらいました。

2020年からプログラミング必修化!!その現状って?!

現在、プログラミング教育についての具体的な学年・授業内容に関しては、明確に「これをやってください」などは決められておらず、

それぞれの学校である程度、自由に実施することになっているようです。

「これをする」と決まっていない!?

そのため、先生からも不安の声があがってましたが、

今回、先生たちからも、「授業のイメージができた」「子供達が楽しかったのがよかった」などお礼の言葉をいただきました。

江東区立豊洲西小学校の校長先生、五年生先生方、PTAスタッフのみなさま、当日はご協力いただき、誠にありがとうございました。

今後も江東区の豊洲エリアなどの小学校でIT教育を盛り上げていければと思います。

FlyNexia Mail Magazine

世界の教育に関する最新情報を無料で配信中です。今すぐメルマガに登録してお子様の将来にお役立てください。

この投稿を友達とシェアする

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin

コメントを残す

メニューを閉じる