fbpx

プログラミング学習に英語は必要?合わせて学ぶメリットをご紹介

プログラミングと英語
Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest

プログラミング学習は今や子供の習い事の定番にもなりつつあります。世界的なエンジニア不足が懸念され、現に今でも大小問わず多くの企業がエンジニア人材を必要としていますが、プログラミングと同時に忘れてはならないのが英語です。

外国語教育も日本が現在積極的に取り組んでいるカリキュラムで、公教育の現場ではもちろん、各家庭でも自発的に英会話教室に通わせている人も少なくありません。

そしてプログラミングと英語の両方を同時に扱っている教室も増えてきていますが、今回はこれら2つを同時に学ぶメリットなどについてご紹介していきます。

英語教室とともに注目が集まるプログラミング教室

英会話は少し前から定番ともなってきている習い事の1つですが、最近ではプログラミング教室もその定番の1つに含まれようとしています。

どちらも現代人には必須の教養に

英語学習が重宝されてきた理由としては、1つに世界のグローバル化というものが挙げられます。

将来的にビジネスやエンターテイメントは国内外の壁を超え、世界中の人が行き交う中で生活していかなければならないということで、世界で最も話者数が多く、かつ習得も比較的容易とされる英語がどこの国でも重要視されています。

一方、プログラミングも英語と同様に、現代人の必須科目として注目を集めています。

見渡せば分かるように、私たちの生活はすでにコンピューターなしでは生活ができなくなっており、スマホやPCといったハードウェアはもちろん、SNSやゲームなどのアプリケーションに至るまで、あらゆるモノやサービスにプログラミングは用いられています。

現代人のライフスタイルに欠かせない存在となった以上、プログラミングは言語と同じくらいその重要性を帯びるようになっているのです。

両方を同時に学習できるキッズスクールも登場

そういった需要の拡大に合わせて、最近では英語とプログラミングの両方を学ぶことができるキッズスクールも増えてきています。

英会話とプログラミングの両方の教室へ子どもを個別に通わせる家庭もありますが、この2つを一緒に学ぶことができれば合理的ですし、子どもや家庭の自由時間も増えることになります。

とはいえ、一見すると異なる内容を学ぶであろう英語とプログラミングを、一度に両方学ぶことによる学習面でのメリットなども気になるところです。

次の段落ではそのメリットについてご紹介していきます。

 

プログラミングと英語を一緒に学ぶことで得られる効果

プログラミングと英語は、いわゆる理系科目と文系科目という分け方をして紹介されることも多いものです。

しかし、いざ学ぶとなると、2つをまとめて学んだ方が効果的な学習に繋がることもあります。

実践的な英語力が身につく

2つを同時に学ぶことのメリットとして、1つに実践的な英語力を身につけることができるという点です。

プログラマーの仕事は国内にとどまらず、海外でも非常に需要の高い業務です。

彼らの場合はいわゆるビジネス英語が英語でのプログラミングの取り扱いになるわけですが、早いうちからプログラミングの中で使われる言葉を英語で学んでおくことで、外資系企業などの英語でのやり取りが多いエンジニアの環境でも、スムーズに業務を遂行することができるようになります。

相乗効果にも期待

また、プログラミングで行うコーディングの多くが、英語に由来しています。日本語で説明を聞きながらコーディングするより、最初から英語で説明を受けつつ、英語の入力に慣れておけば、学習効果はみるみる高まっていくでしょう。

また、英語のチュートリアルなどもインターネットにはかず多く存在しているので、英語学習によって結果的にプログラミングの能力をさらに伸ばす機会を手に入れることも可能です。

 

プログラミングを学ぶのに英語は必須なのか?

こういったメリットを参考にしつつ、プログラミングを学ぶのに英語が必要かどうかも考えておきましょう。

必須ではないが、あったほうが便利

今の日本ではプログラミング関連の教室や教材は非常に充実しているため、極論を言うと英語ができなくてもプログラミングを学ぶことはできます。

しかし前述の通り、プログラミングは英語という言語とも関わりが深いスキルでもあります。もしどちらか一方を子どもに習わせるか悩んでいるということでなければ、できる限り両方を学習する機会を与えてあげるのが最良の選択と言えるでしょう。

英語とプログラミングの密接な関係

また、プログラミング言語も少しづつ進化しているテクノロジーで、新しい言語はたいていの場合英語話者に向けてリリースされます。

また、既存の言語に関しても新しい情報はまず英語で発表され、その後日本語に訳されて日本向けに公開されたり、ニッチな情報であれば英語でしか公開されないこともあります。

プログラミングを深く学ぶ場合、やはり英語はできたほうが便利なスキルとなっているのです。

 

おわりに

英語とプログラミングの両方を子どもに習わせるのは過負荷と考える人もいるかもしれませんが、これらは密接な関係にあるスキルであり、2つ同時に学べる教室も開講されています。

まずは一度、どういったカリキュラムで授業が受けられるのか見てみるのも良いでしょう。

FlyNexia Mail Magazine

世界の教育に関する最新情報を無料で配信中です。今すぐメルマガに登録してお子様の将来にお役立てください。

この投稿を友達とシェアする

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin

コメントを残す

メニューを閉じる