fbpx

オンラインレッスンの様子①

オンラインレッスン
Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest

4月からも小学校の休校が続き、FlyNexiaではオンラインレッスンへの切り替えで引き続き授業を行っています。

当スクールはアフタースクールの役割も大きく、この厳しい状況下でも共働きや医療関係の仕事をされていてる方など、家で子どもの面倒を見ることが難しい親御さんの一助となりたいという強い思いもあります。そのため、できる限り対策を講じたうえで、通常通り登校している生徒の受け入れもしています。実際には約半数の生徒がオンラインレッスンへの切り替えとなりました。

FlyNexiaの考えとして、子どもの教育は「不要不急」なことではなく、どんな状況の中でも前向きに学び続ける子どもを育てたいと思っております。特に語学学習に関しては、継続がとても大切であり、吸収力のいい子どもが、学習をストップしてしまうことはとてももったいないことだと思います。

塾などでは映像配信での授業が一般的ですが、FlyNexiaでは実際にスクールでいつも会う先生といつも通りのクラスのお友達と一緒に学びます。この状況下でなかなかお友達と会えない子どもたちも、いつも通りのメンバーの顔を見ることで安心して楽しく学ぶことができます。

それでは、実際にどんな感じでオンラインレッスンを行っているのか、少し写真でご紹介します。

 

サイエンスクラス

まず、サイエンス実験で使う材料や、実験で起こる反応などの単語を学びます。先生の画面を子どもたちにシェアすることができるので、子どもたちは正しいスペルなども勉強できます。

その後、実際にカメラ越しに実験のスタートです。実験の材料が家にある場合は、レッスン後に動画を見ながら親御さんと実験することもできます。

先生がその場で実験をするので、どんな化学反応が起きるのか、子どもたちはワクワクしています。

 

イングリッシュ クラス

通常、英語のクラスではテキストで学習した内容を、ゲームを通して覚えてもらうようにしています。オンラインレッスンでは、テキストを先生の画面に映し、子どもたちの画面でも見れるようにシェアします。先生が適宜ホワイトボードを使ったり、画面をシェアしながら、学習していきます。

オンラインレッスンでもゲームを行います。クラスメートと競ったり、一緒にゲームをできるのは実際にスクールで授業を受けているような感覚で楽しむことができます。

 

双方向ライブオンラインレッスンの魅力

映像配信では一方通行で受講者の様子を見ることはできません。どこまで理解できているのか、楽しみながら勉強できているのか、子どもの勉強についてはとても重要なポイントになってくると思います。

生配信でのオンラインレッスンは、実際のレッスン同様に子どもたちの反応を見ることができるので、理解度や楽しめているのかなど、先生もしっかりと把握できます。

プログラミングやクラフトのオンラインレッスンの様子はまた改めてご紹介できればと思います。

FlyNexia Mail Magazine

世界の教育に関する最新情報を無料で配信中です。今すぐメルマガに登録してお子様の将来にお役立てください。

この投稿を友達とシェアする

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin

コメントを残す

メニューを閉じる