fbpx

なぜ子供にプログラミングを学ばせる必要があるのか?

なぜ子供にプログラミングを学ばせる必要があるのか?

日本でも2020年度から小学校にてプログラミングが義務化され、2021年度には中学校、2022年度には高校までプログラミングが拡充されます。そして、コンピューターが世の中に浸透し、あらゆるものがテクノロジーを通して進化している中、その仕組みを知ることは日々重要さを増していきます。
また、プログラミングは英語でできている第三の言語。文法や構造は英語そのままのものが多く、日本語より英語での情報量の方が10倍以上も多いものです。「仕組みを知る」だけでなく「仕組みを生み出す」「問題を解決する」という力を英語を覚えるのと同時に学ぶことで効率良く身につく事ができます。

子供にプログラミングを学ばせるべき6つの理由

1問題解決能力を養える

こプログラミング授業での作品作りやものづくりを通して、アイデアを形にしたり、課題を解決したりする試行錯誤のプロセスは、自然な形で問題解決型の課題に挑むことが出来き、それを解決する方法を考える事ができる。

2論理的思考能力を養える

プログラミングとは物事を整理することを非常に身近に体験できるツール のため、論理的思考能力を非常に小さいうちから養えます。

3将来の可能性を広げる

先が見えない社会において、どんな仕事にも役立つと考えられるプログラミングを学べば、子供達のできることや選択肢を増やすことに繋がります。

4自信を持てる

自分自身を表現するツールとして、「作りたい」から「できた」のプロセスが非常に短いので自己肯定感を得やすい。 作品を作っていく中で、仲間との関わりが子供達の自信につながり、コミュニケーション能力も向上します。

5創造力

プログラミングは自分で新しいモノをはじめてつくる、イメージしたもの、考えたことを表現することができます。

6プログラミング義務教育化

2020年より小学校でプログラミングが義務教育化します。また2021年度には中学校、2022年度には高校でのプラグラミングが義務教育化へ拡充します。

無料体験
お申し込み
カウンセリング
お申し込み