fbpx

英語学童を選ぶ際に押さえておきたいポイントとは

英語学童
Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest

日本は少子化が進んでいるとは言われるものの、子どもの面倒を独自カリキュラムに則って見てくれる民間の学童保育施設の数は増加傾向にあります。

そして、一口に民間学童とは言ってもその種類は様々ですが、中でも注目を集めているのは英語学童です。

ただ子供の面倒を見てもらうだけでなく、教育的な側面を備えた英語学童選びにおいて、注目すべきなのはどのようなポイントなのでしょうか。

今回は英語学童を選ぶ際のポイントについてご紹介していきます。

 

英語学童とは

英語学童は、その名の通り英語の環境を提供してくれる学童保育の一種です。

学童保育+英会話教室

イメージとしては、学童保育に英会話教室が付随したものに近いと言えます。英会話教室も昔からおなじみの習い事ですが、英語学童は英会話教室の役割も果たしてくれるため、利便性の高いサービスです。

とは言え、常に英会話教室のようにずっと机の前に座っていけないというわけではありません。

適度に英語に触れつつも子どもにとっても過ごしやすい環境で利用してもらうことができるので、英会話教室が苦手という子どもがこちらを好むということもあるでしょう。

英会話教室とは異なる英語環境を提供

英語学童の場合、きちんとした英会話のレッスンを併設している場合もありますが、基本的には学童保育で過ごしている間を英語のコミュニケーションでやり取りすることが主なアクティビティとなります。

英語を使いながらおやつの時間や宿題の時間を過ごしたり、施設内で友達やスタッフと一緒に遊んだりおしゃべりする時間を全て英語でこなすことで、実生活の中に馴染んだ英語を自然と学ぶことができるようになります。

英会話教室ではどうしても形式的で退屈な英語を話すことになってしまうこともありますが、英語学童ではネイティブの環境に近い中で英語学習を進めていくことが可能です。

 

英語学童に通うメリット

子供をずっと預けておくことができる

1つは、子どもをずっと同じ施設に預けておくことができるという点です。両親が忙しくしている間だけ預かってもらう、通常の学童保育の場合、英会話教室のような習い事に通わせるとなると、一度施設から子供を引き取り、別の教室まで連れて行ってあげる必要があります。

一方英語学童であれば英会話教室に求められるカリキュラムもそこで一度にこなすことができるので、保護者の生活の負担は大きく解消されることになるでしょう。

英語のある生活環境を提供できる

2つ目に、普段では得られない英語が日常に溢れる生活環境に子供が身を置くことがでいる点です。

ネイティブスピーカーやバイリンガルの人がいる家庭では英語が日常的にあふれていることも珍しくありませんが、一般的な家庭ではそのような環境は珍しいものです。

英語学童を利用すれば、まるでちょっとした留学に来たような気分で、英語が日常的に耳に入り、子供も話せる環境を得ることが可能です。

ペースにあった英会話学習が可能

英語学童のベースはあくまでも子どもが落ち着いて過ごせる環境を提供することにあるため、あまりプレッシャーをかけてしまうこともないのが嬉しいところです。

英会話教室は明確に定められたカリキュラムがあるため、それをこなせるよう講師が子どもにキャパシティを超える指導を行なってしまうこともあります。

一方英語学童はあくまでも個人に合ったペースで身になる英語に触れることができるので、健やかに英語力を身につけていくことができるでしょう。

英語学童の選び方

最後に、子どもに合った英語学童を選ぶためのポイントをご紹介しておきます。

カリキュラムの内容を確認する

1つ目はカリキュラムの確認です。

その英語学童ではどのような英語教育を行なっているのかをしっかりと調べ、子どもには伸び伸びと英語に触れて欲しいのか、学校の指導や受験にも通用するような英語力を身につけて欲しいのかという意図も踏まえながらチェックしてみましょう。

スタッフの質に注目する

実際に施設で子どもたちと触れ合うことになる、スタッフも見ておきましょう。

英語の指導はできていても子どものケアはきちんとできているかなど、スタッフも英会話教室とは異なる対応が求められます。

子どもがその環境で落ち着いて過ごせるような人がその場所にいるかどうかを見ておきましょう。

通っている子どもたちの英語力を見ておく

最後に、その施設に通う子どもたちの様子です。

生き生きと英語学童で過ごしているかや、英語がしっかりと身についているか、そして全体の雰囲気は和やかかどうかなど、本当に子どもを預けるのにふさわしい場所かどうかに注目してみましょう。

おわりに

英語学童はその施設によって提供しているサービスも人も異なるため、あらかじめよく調べておくことが重要です。可能であれば何軒か施設を見て回り、子どもにとって最も合いそうなものを選ぶことができると良いでしょう。

 

FlyNexia Mail Magazine

世界の教育に関する最新情報を無料で配信中です。今すぐメルマガに登録してお子様の将来にお役立てください。

この投稿を友達とシェアする

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin

コメントを残す

メニューを閉じる